安定したアパート経営を行うためには、どれだけリスク分散が出来るかが重要です。

トップページ > 安定したアパート経営

会社情報

アパート経営

安定したアパート経営

安定したアパート経営を行うためには、土地探しから始まり適正な
アパート運用のできる最高のパートナーである会社との連携が重要です。

アメニティジョイハウスの安定したアパート経営

1.確実なマーケティング
2.明確な事業計画
3.こだわった土地選び
4.コストパフォーマンスを重視したアパート建築
5.独自ネットワークによる入居不安の解消

所有物件を増やしてリスク分散

アパート経営を安定させるためには、どれだけリスク分散ができるかが重要です。
部屋数が6世帯のアパートを1物件所持しているアパート経営者と、6世帯のアパートを3物件(合計18世帯)所持しているアパート経営者では、そのリスクに大きな差が生まれます。
また、投資効率を考えても、複数棟の物件を所持したほうが効率的なアパート経営ができます。

<オーナー条件>
家賃6万円、6世帯アパート、1物件

〔合計6世帯)

所有物件を増やしてリスク分散

一時的にでも3部屋が空室になると、家賃収入は
6万円×3部屋=18万円になり、満室時36万円の家賃収入に
対して収入割合が50%になる

所有物件を増やしてリスク分散

<オーナー条件>
家賃6万円、6世帯アパート、3物件

〔合計18世帯)

所有物件を増やしてリスク分散

1物件のみ一時的に3部屋が空室になっても、家賃収入は
6万円×15=90万円になり、満室時108万円の家賃収入に
対して収入割合が83.3%になり、リスク分散ができる

所有物件を増やしてリスク分散

リスク分散は、アパート経営の重要なポイント

安定したアパート経営は

ローリスク、ミドルリターン投資です

事業性 安全性 将来性

オーナー様の最良のパートナーとして、事業性・安全性・将来性を見極め
アパート経営を成功へ導きます

  • オーナー様の声
  • 投資スタイル自己診断
  • 社長ブログ
  • 資産活用事業部ブログ
  • サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法
  • テレビCM
  • メディア情報