国道 16 号線を境に都心寄りのエリアに絞っています。

トップページ > エリアを絞る理由

会社情報

アパート経営

エリアを絞る理由

地方エリアで行うアパート経営は、企業や学校、病院などによって需要がありますが、それらが撤退するリスクもあります。 アパート経営は、長期に安定した収入を目的としていますので、エリアを絞ることによって多くのターゲットを見込むことができ、景気の波に左右されることも少ないと言えます。人口や都心へのアクセス、土地評価などを総合的に判断し、最も安定した需要が見込めるエリア。それが国道 16 号線を境に都心寄りのエリアなのです。

国道16号線以内を狙う

東京圏1都3県の人口数順位は全国6位以内
総人口は 1 億 2708 万 3 千人となり、平成26年10月1日現在の都道府県別人口は、東京都が1339万人と最も多く、次いで神奈川県(909万6千人)、大阪(883万6千人)、愛知県(745万5千人)、埼玉県(723万9千人)、千葉県(619万7千人)となっています。東京都は全国に占める割合として10.5%と1割以上の人口が集中し、毎年人口増加をしている結果になっています。

都道府県別人口及び全国人口に占める割合

人口順位都道府県人口(千人)全国に占める割合(%)
1東京都13,39010.5%
2神奈川県9,0967.2%
3大阪府8,8367.0%
4愛知県7,4555.9%
5埼玉県7,2395.7%
6千葉県6,1974.9%
7位以降の都道府県74,87058.9%
全国合計127.083

総務省統計局人口推計(平成26年10月1日現在)より

東京圏1都3県で総人口の3割の人口が集中

上記の東京圏を人口割合でみると、1都3県で総人口の約3割近くを占め、東京圏に圧倒的に人口集中していることがわかります。

フラフ
都道府県別人口増加のうち、東京圏の 1 都 3 県で増加率が上昇

人口増減率を都道府県別にみると、東京都(0.68%)が最も高く、次いで沖縄県(0.40%)、埼玉県(0.23%)などとなっています。全国では減少しているのに対して、東京圏の1都3県では人口増加率が上昇しています。

人口増加率

都道府県別人口及増減率

人口増減率順位都道府県人口増減率(%)
平成26年平成25年
全国-0.17%-0.17%
1東京都0.68%0.53%
2沖縄県0.40%0.44%
3埼玉県0.23%0.14%
4神奈川県0.19%0.13%
5愛知県0.17%0.21%
6千葉県0.08%-0.04%

総務省統計局 人口推計(平成 26 年 10 月 1 日現在)より

長期アパート経営は、国道 16 号線より都内側

1.東京圏への圧倒的な人口集中
2.都心への通勤圏内だから入居不安が少ない
3.土地評価が高いため銀行融資に有利
4.ローン完済後に残る土地の資産価値が高い
5.売却しやすいため流動性が高い

首都圏
正しいエリアに、正しい投資こそが
長期に安定した収入の条件です

私たちは、安定入居と収益性のバランスを考え、国道16号線以内を重点ポイントとしています。
これにより、アパートオーナー様にとって一番心配な入居不安を解消いたします。

多くの情報から得た物件をご紹介
「アメニティジョイハウスで良かった」と必ず思って頂けるパートナーへ

  • オーナー様の声
  • 投資スタイル自己診断
  • 社長ブログ
  • 資産活用事業部ブログ
  • サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法
  • テレビCM
  • メディア情報