大家歴 25 年。ほぼ想定内の経営です。

トップページ > オーナー様の声 > アパート建築

会社情報

アパート経営

オーナー様の声
(アパート建築・賃貸管理)

「大家歴 25 年。ほぼ想定内の経営です。」

大家歴 25 年。ほぼ想定内の経営です。
Profile
名 前S様
年 齢64歳
性 別男性
職 業会社役員
年 収1500万
家族構成母、妻、娘
大家歴25年
持ち棟数5棟(54戸)

アパート経営に興味を持ったきっかけは?

25 年前、父の名義でかなり広い土地を所有していました。当時父は健在でしたが、アパートを建てれば土地の評価額が 20%減額され、相続時に節税効果があり、さらに安定収入も見込めることがきっかけでした。このときは、現在引退して役員をつとめる会社が創業したばかりで、将来に不安があったというのも大きいですね。

アパート経営を決断した決め手は?

アパート経営を決断した決め手は、先ほどの節税と安定収入です。本業の方でも経営に携わっていたので、投資手段として、不動産がもっともローリスクで安定収益だろうとは容易に想像がつきました。問題は私が本業の方が忙しくて、時間をかけていられないことでした。
それまでお付き合いしていた不動産会社は、あまり積極的に提案してくれることがなく、物足りなく感じていました。そこでいろいろ調べて、建築も管理もしてくれるアパート経営のプロを探しました。良いパートナーに出会うことが収益物件の成功の鍵だと考えていましたから、そこには時間をかけました。

決断してから手に入れるまでの苦労は?

父が亡くなり、相続関係の問題で権利調整が大変でした。

その解決策は?

資金面に関しては、税理士や付き合いのある金融機関に相談して、節税なども効果的に活用しながら何とかクリアすることができました。一方で建築コストをなるべく抑えながら、最大の収益を得るために、アメニティジョイハウスとは相当打ち合わせを行いました。

アパート経営してよかった点、想像と違っていた点は?

想像以上にこの業界には、本当の意味での『プロ』がいないということです。不動産屋は確かに土地には詳しいですが、建築には疎い。銀行や税理士は資金計画などでは相談に乗ってくれますが、経営感覚はありません。管理会社は入居募集や建てた後のことでは頼りになりますが、やはり全体を見てはいません。アパート経営をしっかりと全体でプロデュースできることが、成功の鍵だと思いますが、この『プロ』が少ないと感じています。そういう意味では本業で経営者としてつちかった感覚は役に立ったように思います。私の場合は信頼できるパートナー会社であるアメニティジョイハウスに出会えたことが非常に大きかったです。

トップへ戻る