銀行融資額や利回りに大きく影響するのは土地の有無になります。

トップページ > 土地がある方のアパート経営

会社情報

アパート経営

土地がある方のアパート経営

アパート経営をする上で、銀行融資額や利回りに大きく影響するのは土地の有無になります。
土地から購入してアパート経営する人と、もうすでに土地を自己所有している人は、考えるポイントが全く違います。

地域性の見極め

所有している土地にアパートを建てて不動産投資を行う場合に、知っておくべき情報は“地域性”です。
大学などの学生を対象にした1Kや1DKのアパート経営と、家族向きのファミリータイプである2DK、3DK、3LDKなど一世帯当たりに大きな床面積を要するアパート経営では、事業計画の作り方や、外観デザインなども大きく変わってきます。

地域の特性に合わせた計画が重要

<単世帯向けの特徴>

  • 近隣に大学・短大・専門学校などがあり需要が見込まれる
  • 入退出が早い可能性がある
  • 親御さんが保証人になって貰えるので安心

<ファミリータイプの特徴>

  • 中長期での入居が見込める
  • 家賃設定の幅が広い
  • 駐車場の賃貸など付加が見込める
高利回りの可能性

当然ながら所有している土地でアパート経営をするので、土地購入資金が必要ありません。
利回り20%以上も見込める可能性があり、低金利である今の時代はとても優位性があります。貯金をした場合の金利は、0%に近くほとんどタンス貯金と変わりません。所有地を活用することにより、将来に向けた収入不安を解消し、相続対策を含め大きな利益が生まれる可能性があります。

土地がない場合

返済額に多少のボリュームがあり返済年数が長い
自己資金が総予算の10%の900万円が理想

土地がある場合

自己資金が0円から投資が可能
利益を出して次の投資を行い、資産を増やすことがおすすめ

土地がある方のアパート経営は
アパートの建築コストを最小限に抑えることで
高利回りで早期回収が実現可能
自己資金を増やして、資産増大のチャンスです
  • オーナー様の声
  • 投資スタイル自己診断
  • 社長ブログ
  • 資産活用事業部ブログ
  • サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法
  • テレビCM